正論の純度

6月13日放送のNHK朝ドラ「虎に翼」では少年審判所と家事審判所を一緒にして家庭裁判所にするというGHQの命令を受けて家庭裁判所設立準備のスタッフになった主人公が反対し抵抗している人たちとの間で苦心する場面です。 主人公が正論をいくら主張しても中々聞いてもらえないと上司(かつらばさん?)に話す場面で…

\この記事が気に入ったらぜひSNSでシェアしてください!いいねボタンも押して頂けるとうれしいです!/

Read More

正論の純度

6月13日放送のNHK朝ドラ「虎に翼」では家庭裁判所設立準備のスタッフになった主人公が少年審判所と家事審判所を一緒にして家庭裁判所にするというGHQの命令に向かって頑張っている中で、 その両者が反対し抵抗している場面です。 主人公が正論をいくら主張しても中々聞いてもらえないと上司(桂場さん?)に話し…

\この記事が気に入ったらぜひSNSでシェアしてください!いいねボタンも押して頂けるとうれしいです!/

Read More

悪法

―以下小倉志郎さんの寄稿文の引用―  「悪法も法なり」と言って、悪法により死刑判決を受けて、毒杯を飲んだ世界史上の大偉人がいた。 ソクラテス(BC470頃~BC399)だ。 その悪法の中身や違法とされる行為について具体的なことは不明だが、「神を冒涜した」罪と聞いている。 今から2千数百年前のギリシャ…

\この記事が気に入ったらぜひSNSでシェアしてください!いいねボタンも押して頂けるとうれしいです!/

Read More

憲法裁判所(2)

日本国憲法の理念は恒久平和、基本的人権、国民主権の3本柱と教わりました。 憲法前文に日本は世界の先頭に立って恒久平和のために貢献すると書き、非戦非武装を第9条で宣言しているにも拘らず最高裁は安保問題になると憲法判断を避けます。 こんな日本で憲法裁判所を設置しても自公政府が司法を裏から支配している限り…

\この記事が気に入ったらぜひSNSでシェアしてください!いいねボタンも押して頂けるとうれしいです!/

Read More

支援

―以下小倉志郎さんの寄稿文の引用―  「支援」とは広辞苑によれば「ささえ助けること」とある。 困っている人々を助けるのだから、美しい行為のような印象を受ける。 その印象通りの場合もあるが、現実には全く異なる意味を持つことがある。 例えば、3・11フクシマ原発事故で故郷から離れた土地で避難生活を強いら…

\この記事が気に入ったらぜひSNSでシェアしてください!いいねボタンも押して頂けるとうれしいです!/

Read More

憲法裁判所(1)

日本も憲法裁判所を持つべきと言う意見があります。 コスタリカの憲法裁判所は最高裁の建物の1階にあって24時間365日年齢に制限なく小学生でも赤ちゃんでも?国に対して憲法違反の訴えを起こせます。 私もコスタリカを訪問して最高裁判所長官(今は亡くなられたモラモラさん)とお会いして最高裁の1階入り口すぐの…

\この記事が気に入ったらぜひSNSでシェアしてください!いいねボタンも押して頂けるとうれしいです!/

Read More