馬毛島基地化は選挙買収の結果

種子島西之表市の八板俊輔市長に基地建設反対の市民がリコール請求運動を始めた。 昨年1月に馬毛島の基地建設反対を掲げて2期目の市長選で当選した八板市長が変心し防衛省の地元自治体への米軍再編交付金を受けとる準備議案を市議会に提出。 これに反対する「馬毛島への米軍基地施設に反対する市民・団体連絡会」会長の…

\この記事が気に入ったらぜひSNSでシェアしてください!いいねボタンも押して頂けるとうれしいです!/

Read More

攻められても有効な非武装

―以下本日担当の小倉志郎さんの寄稿文の引用―  15年前に「原発を並べて自衛戦争はできない」という小論文を季刊誌「リプレーザ」に投稿し、その中で「自衛戦争ができないのだから、憲法第9条に書いてある通り非武装で良い」と書いた。 以後、まともな批判を見たことがないと前回の投稿で書いた。 ただ一つだけ素朴…

\この記事が気に入ったらぜひSNSでシェアしてください!いいねボタンも押して頂けるとうれしいです!/

Read More

国会論戦の不毛

2022年度第二次補正予算案(総額約29兆円)が一昨日の衆議院に続き明日2日の参院本会議で成立しそうだ。 昨日参議院予算委員会の模様をNHK国会中継で見て野党の質問に失望した。 予算・決算そして法律の制定、改廃を決める以外には国会議員など不要だという人もいるほど予算委員会は国会の中で重要な委員会だ。…

\この記事が気に入ったらぜひSNSでシェアしてください!いいねボタンも押して頂けるとうれしいです!/

Read More

右翼と左翼は協力できる

―以下本日担当の小倉志郎さんの寄稿文の引用―  改憲派と言えば「右翼」、護憲派と言えば「左翼」とレッテルをお互いに貼り合って、それがわかるともう議論をあきらめて、「好戦的だ」とか「平和ボケだ」とか罵倒しあうのが常だ。 日本の平和を確保するにはどうしたら良いかという問題に直面しているのに、議論もできな…

\この記事が気に入ったらぜひSNSでシェアしてください!いいねボタンも押して頂けるとうれしいです!/

Read More

日本の右傾化と劣化

国民の公僕として市民に仕えるべき立場の人たちの劣化が目に余る。 政治家が堕落するのはよくわかる。 次の選挙で当選するためなら何でもやるし志など初めからない。 自民党に多い世襲議員はそもそも代々続く政治家家業の跡継ぎに過ぎない。 そんな人間に投票する我々も我々だ。 裁判官の劣化も著しい。 司法の独立、…

\この記事が気に入ったらぜひSNSでシェアしてください!いいねボタンも押して頂けるとうれしいです!/

Read More

前車の轍を踏むな

―以下本日担当の小倉志郎さんの寄稿文の引用―  今年の2月24日に始まったウクライナ戦争は既に9か月も続いている。 当初、「11月頃までは続くだろう」という予測をしたアメリカの高官がいたが、その予測は当たったものの今後どうなるかがわからない。 アメリカやNATO諸国のウクライナへの軍事支援の効果によ…

\この記事が気に入ったらぜひSNSでシェアしてください!いいねボタンも押して頂けるとうれしいです!/

Read More