日本の憲法を外国の人々はどう見ているだろう

本日の担当は元東芝原発技術者の小倉志郎さんです ―以下小倉さんの寄稿文の引用ー  日本の憲法の最も大きな影響を受けるのは日本国民だ。 日本国内で「憲法を変えるべきだ」「いや変えるべきではない」と盛んに議論されることは当然で、来る参議院議員選挙の結果で改憲派・護憲派の議席割合がどうなるかが注目の的であ…

\この記事が気に入ったらぜひSNSでシェアしてください!いいねボタンも押して頂けるとうれしいです!/

Read More

日本出発前最後の講演会

昨日、日高市のカフェ「バロン」で「自衛隊も米軍も、日本にはいらない」 の音楽とトークの会を催した。「バロン」のオーナーのご厚意による会場提供だった。近隣の200世帯へのチラシによる告知のみ、又悪天候もあって参加者は少なかった。 しかし日高市女性市会議員も出席し、実りあるファミリーコンサート風の講演会…

\この記事が気に入ったらぜひSNSでシェアしてください!いいねボタンも押して頂けるとうれしいです!/

Read More

もし、ウクライナが非武装だったら、どうなっていただろう?

本日は元東芝原発技術者の小倉志郎さんが担当します ―以下小倉さんの寄稿文の引用―  護憲派の私が「日本は憲法第9条の文言通り軍備を持たない方が良い」と言うと、改憲派の人は「軍備を持っていなければ外国の軍隊が攻めて来る」と言い、さらには「軍備を持っておらず丸腰だったら、侵攻して来た外国軍に日本国民は皆…

\この記事が気に入ったらぜひSNSでシェアしてください!いいねボタンも押して頂けるとうれしいです!/

Read More

いよいよ参院選たけなわ、維新と新選組の戦いだ

選挙の投開票日まで1週間に迫りアチコチで選挙戦が繰り広げられている。 昨日私は所要で小江戸「川越」に行ったところ街頭宣伝カーとそれに続く20名ほどの緑色の衣装を着て「のぼり」を立てて行進するグループに出くわした。 よく見たら日本維新の会の一行だ。 何やら宗教団体ご一行の行進の様で気持ちが悪い。 若い…

\この記事が気に入ったらぜひSNSでシェアしてください!いいねボタンも押して頂けるとうれしいです!/

Read More

「自衛のため」というが、いったい何を護ろうと言うのか?

本日の担当は元東芝原発技術者の小倉志郎さんです ―以下小倉さんの寄稿文の引用―  憲法9条改憲論者の決まり文句は「攻められたら、どうするのか?」である。 続いて、「武力攻撃に対抗できる自衛のための軍備は持つべきだ」である。 しかし、この議論は理論的に既に決着が付いている。 なぜなら、日本の海岸線に並…

\この記事が気に入ったらぜひSNSでシェアしてください!いいねボタンも押して頂けるとうれしいです!/

Read More

1980年代に急激な円高を許した自民党政府の今に続く対米弱腰

昨日のこの欄で私が円安容認論らしきことを書いたことについてもう少し説明したい。 過去30年間の自民党政府の一つ目の大きな失敗・過ちはアメリカに言われての急激な円高容認だ。 1980年代当時,米政府は日本の輸出攻勢で苦境に陥っていた米国の自動車産業や繊維産業を救済するため日本政府に対して円安を円高に是…

\この記事が気に入ったらぜひSNSでシェアしてください!いいねボタンも押して頂けるとうれしいです!/

Read More