防衛費は万一に備える保険の役割を果たせるか

今年度の防衛予算を日本の人口で割れば一人あたり年間約5万円となる。 4人家族ならば赤ちゃんからお年寄りまで年間20万円支出する勘定だ。 戦後75年以上日本の自衛隊は一人の外国人も殺さず自衛隊員も戦闘で誰一人殺されなかった。 さて防衛予算だが実際には何事も起こらなかったのだからこれまで数百兆円の巨額が…

\この記事が気に入ったらぜひSNSでシェアしてください!いいねボタンも押して頂けるとうれしいです!/

Read More

どっちが「甘い」か?

本日も担当は元東芝原発技術者の小倉志郎さんです ―以下小倉さんの寄稿文の引用―  別に蛍狩りではないが、どちらが「甘い」か意見が分かれることがある。 蛍狩りの場合は「こっちの水は甘いぞ!」と蛍を呼ぶ。 ところが日本の安全保障論で「非武装・中立が良い」などと言うと「あなたの考えは甘い!」と、つまり、「…

\この記事が気に入ったらぜひSNSでシェアしてください!いいねボタンも押して頂けるとうれしいです!/

Read More

原発と戦争の関係に言及するのはタブーだ

本日の担当は元東芝原発技術者の小倉志郎さんです ―以下小倉さんの寄稿文の引用―  私が「原発を並べて自衛戦争はできない」と題する小論文を季刊誌「リプレーザ」に投稿したのは2007年、今から15年前のことだ。 原発について講演を頼まれることが多くなって、抜刷り小冊子をつくり、現在までに5万3千部印刷を…

\この記事が気に入ったらぜひSNSでシェアしてください!いいねボタンも押して頂けるとうれしいです!/

Read More

自民党の改憲シナリオ(続き)

戦争で犠牲になるのはいつでも戦場とされる地域に住む一般市民だ。 朝鮮戦争では中国もアメリカも戦場にはならず被害を被ったのは専ら朝鮮半島の市民だ。 ウクライナ戦争も同様、ロシアもNATO(アメリカ)も直接の戦場にならず被害を受けているのは専らウクライナ市民だ。 私達の非武装論に向けられる最も多い疑問、…

\この記事が気に入ったらぜひSNSでシェアしてください!いいねボタンも押して頂けるとうれしいです!/

Read More

自民党の改憲シナリオ

憲法施行75周年に先立って共同通信が実施した世論調査結果が発表された。 緊急時に緊急政令の制定を内閣に認める改憲や大規模災害、感染症爆発的まん延時に国会議員任期の延長をする改憲では賛成意見が多い。 しかし9条改正や国会で改憲論議を急ぐ必要性については賛否がほぼ拮抗し、改憲の機運は高まってはいないこと…

\この記事が気に入ったらぜひSNSでシェアしてください!いいねボタンも押して頂けるとうれしいです!/

Read More

日本の主権は国民一人ひとりにあり、国家や政府にあるのではない

本日の担当は元東芝原発技術者の小倉志郎さんです。 ―以下小倉さんの寄稿文の引用ー  今の日本国憲法前文冒頭に「(前略)、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。」とあり、さらに第13条には「すべて国民は、個人として尊重される。」と記されている。 このことはとても大事だ。すなわち、主…

\この記事が気に入ったらぜひSNSでシェアしてください!いいねボタンも押して頂けるとうれしいです!/

Read More